浮気で離婚をするときの法律

浮気で離婚をするときの法律

民法では、配偶者が浮気をしたとき離婚ができると定められています。
しかし、一般的に考えられている浮気と、法律上の浮気とは意味が異なります。
一般的には、異性とキスをしたり、手をつないでデートをしたり、「愛している」と言ったりするだけでも浮気として考えられます。
しかし、法律的にはこれだけでは浮気にはなりません。
法律上の浮気は、不貞行為という言葉で表現されます。
不貞行為とは、簡単に言うと、配偶者以外の異性と継続的に性交渉を行ったことです。
たった一回性交渉を行っただけでは不貞行為とはなりません。
不貞行為は不法行為の一種なので、慰謝料を請求することもできます。
浮気が原因で離婚をするとき、配偶者や浮気相手が素直に認めればよいですが、「浮気をしていない」と主張して争いになる場合もあります。
その場合には、証拠が必要になりますが、「キスをしている写真」などでは証拠として不十分です。
決定的な証拠を掴むためには、探偵に依頼をするのが一般的です。